FC2ブログ

東京ー恵比寿・代官山 リバランシング・プラクティショナースクールのプレムクリニック 本来の心身のバランスを回復する統合ボディ・セラピー『リバランシング』

「女性の健康、妊娠・出産、美容」専門の統合ボディ・セラピー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

インフルエンザは下火になってきたようですが、
昨日、今日と喉が痛いという方が続いて来院されました。

私は、風邪を引いた際、
喉が痛い時には必ず「足湯」をして寝ます。
そうしますと、
翌日にはずっと楽になっているか、治ってしまいます。

「足湯」の方法についてご紹介します。

足湯

1.足湯の前に、まずコップ一杯の水を飲みます。

2.お湯の温度は、普段の入浴より2.5℃~3℃高くし、
 踝(くるぶし)から上10センチまでつけて、6分間キープします。
 (注意:この時、保温性の低いものですとお湯の温度が下がるので、
 差し湯しながら行います。)

3.乾いたタオルでよく拭き、足の赤みの左右差をチェックします。
 赤みの薄い側だけ更に2分間行います。

4.よく足の指の間まで拭いてから寝ます。


*足湯は、基本的に寝る前に行います。

*途中で汗が出てきたら、
 身体が冷えないように、乾いたタオルでよく拭いておきます。

 
スポンサーサイト
  1. 風邪
  2. [ edit ]

最近、私の周りで『風邪をひいて喉が痛い』という方が、
2~3人いらっしゃいました。
皆さんその痛みがなかなか治らない、
というお話しでしたので、
『足湯が良いですよ』とおすすめしましたが、
その時には、詳しく説明する時間がありませんでした。

やはりここは、
きちんとした足湯のやり方について書いておいた方が、
いいんじゃないかと思い書くことにしました。


≪ 足湯 ≫

1.足湯の前にコップ1杯の水を飲みます。

2.普段の入浴温度より2度5分~3度高い湯に踝(くるぶし)の上10センチまでつけ、
  6分間キープします。
  *お湯の温度が下がらないように、差し湯しながら行います。

3.乾いたタオルでよく拭きます。
 左右の足の色を見比べて、
 赤みの薄い側のみ2分間追加します。

4.指の間までよく拭いてから寝ます。



注)足湯を行うタイミング:就寝前に行います。

注)足湯の途中で身体から汗が出てきたら、
  乾いたタオルでよく拭きます。

*「踝の上10センチまで」お湯にかくれない場合でも、
  「踝まで」かくれれば、大丈夫です。

  1. 風邪
  2. [ edit ]

「病気や症状を治して本来の自分に戻りたい」
「元気になりたい」
「丈夫になりたい」

こういう人に
『風邪の効用』(野口晴哉・のぐち はるちか ちくま文庫)は、
特におすすめです。

風邪を≪自然の健康法≫としてとらえ、
風邪を通して、
人間の心や身体、生き方までも見つめた名著です。

*専門用語が使われていますが、
 それについての図解が無いため、
 分かりにくいところもありますが、
 「足湯」「脚湯」の方法など、実際にとても役立ちます。




  1. 風邪
  2. [ edit ]

風邪をひいた時、
熱があっても基本的には動いても(仕事をして)もかまいません。

もちろん、寒気があったり頭痛がして
横になっていたい場合には、無理せず横になりましょう。

私の場合、
中学1年の頃から熱があっても学校へ行ってました。
(カラダの自然治癒力についての勉強をしている家族でしたので)

風邪の初期、熱が高くなると汗が出て、体温が下がります。
昔は発汗させるためによく熱いお風呂に入ってました。

去年の風邪の際、
風邪で高熱が出ているのに発汗出来ないカラダの状態でした。
発汗できないと結構苦しくなります。
いつも通り熱いお風呂に入りましたが、
いまひとつパッと発汗しない。
そこで、
タンゴ(アルゼンチンタンゴ)に行きました。
1時間程踊り続けますと、
全身汗をぐっしょり掻いていました。
会場で着替え、
更に1時間位踊ってまたまた着替。

発汗したままですと
逆にカラダの深部が冷えてカラダを壊します。

東洋医学では、
こうした治療の方法を「汗法」と言います。
発汗よって、「邪」を体表から体外に追い出す方法です。
病が深く入りすぎている場合や体力が無い場合には行いません。
また、汗は「津液(しんえき)」と言いまして、
カラダにとって重要な体液なので、
過度に発汗すると消耗してしまいます。
要注意です。

また、
野口整体では、
体温が平熱より下がったら(下がっている間)、寝ていること。
そして、体温が平熱に戻ったら起きる。
とあります。

風邪を自分のカラダで乗り越えた時には、
以前より強くなることを必ず感じられると思います。

そういえば、
タンゴをやり始めて4年が過ぎたところですが、
ちょっと上手くなってきたのか、
最近タンゴを踊った相手の方から
「今日来てヨカッタです♪」
と言われたことが嬉しかったですね~。

こういう言葉で風邪が治ることも多いものです(笑)。
それとも、
もっと熱が出る方もいらっしゃる??
かも。









テーマ : 健康で元気に暮らすために    ジャンル : 心と身体
  1. 風邪
  2. [ edit ]

最近、久し振りに風邪をひきました。
今回の風邪は、喉にきました。

喉に痛みがきた場合には、≪足湯≫が1番です。

普段のお風呂の温度より2度上げて行いましたが、
足が冷えていたせいか両足共あまり赤くなりませんでした。
が、
効果はでました。
喉の痛みの治まるのが早かったです。

しかし、1度では痛みが取れ切れなかったので
時間を置いて再度行いました。
今度は、3度上げて6分。

良い感じに両足赤くなりました。
横になってひと眠りして起きたら
喉の痛みはほぼなくなっていました。
カラダも少し軽くなり楽に感じました。

そこで、
足湯のやり方について説明しておきますね。

① お湯の温度は、普段のお風呂の温度より2度高め。
② 6分間いれる。
③ 両足を1度お湯から出し、左右の足の赤みの差をチェック。
④ もし、ここで赤みの少ない側(白さが残る)の足があれば、足し湯して更に2分。

【足湯のポイント】
 足のくるぶしから最低10センチより上までの深さにすること。
 この部分は、喉と関連する「腎経」や腎経の主要なツボがあります。
 また、
 「三陰交(さんいんこう)」というツボがあり、
 女性特有の症状の際の重要な穴処(けっしょ)です。

足湯して出かけますと半日(3~4時間)位
足が温かいですよ(^^)
この冬は寒さが厳しいので、おススメです!






テーマ : 健康で元気に暮らすために    ジャンル : 心と身体
  1. 風邪
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

坂梨友春

Author:坂梨友春
ようこそお越しいただきありがとうございます。

クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』を行っている治療家の坂梨友春(さかなし ともはる)です。

りんバランシングとは、「人が本来持っている心身のバランスを回復する」という意味です。

〔保有資格〕(取得年・月)
鍼師、灸師(1996.3)
指圧・あん摩・マッサージ師(1996.3)
リバランシングプラクティショナー(1992.4)
テルミー療術師(1992.8)
アロマテラピーコース(1993.3ジャパン・ハーブスクール)

〔臨床歴〕
24年

〔著書〕
『ダンス上達のための身体作り講座』1&2(白夜書房)
ダンスドクターとして指導、講習会、雑誌への執筆も行っています。

私は、「潜在する裡(うち)の力を自覚し、それを発揮して、人が本来持っている心身のバランスを回復する」。
そして、「溌剌と生活し、快く食べ、ぐっすり眠り、心を煩わせずに悠々と生きる」ための心身の整え方を伝えたいと思っている治療家です。

南インドのプネーにある和尚コミューン・インターナショナルに6ヶ月間留学し、ボディ・セラピー『リバランシング』のベーシック&アドバンスコースを800時間受けました。
帰国後、1992年新宿にて開院。1996年恵比寿へ移転。

現在、東京恵比寿(代官山)のプレムクリニックにて、
クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』、整体カウンセリング、
そしてセルフ整体法の指導等を行っています。
プレムクリニック院長 (株式会社)全生 代表取締役

小学校の頃から兄の病気をきっかけに滝行、般若心経を唱える行へ度々参加しました。
12歳で偶然第3の眼が開く。
13歳で「気」の治療法を学び、治療を始めました。

「気」の診断法により心身の不調・悪い処の状態が分かるようになり、その異常な処をたどると原因もみえます。
その特殊な手の感覚と診断力を基に「気」の治療を行っています。

オフィシャルHP:http://www.prem-c.com
フェイスブック:http://www.facebook.com/premclinic
フィリ紹介ページ:http://www.fili.co.jp/group21

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。