FC2ブログ

東京ー恵比寿・代官山 リバランシング・プラクティショナースクールのプレムクリニック 本来の心身のバランスを回復する統合ボディ・セラピー『リバランシング』

「女性の健康、妊娠・出産、美容」専門の統合ボディ・セラピー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

【こういう人が冷えやすい!(その2)】

F:ダイエットをしている
   単品ダイエット、偏った食事などは、
   ホルモンバランスを崩したり、からだの産熱力に影響します。
   たとえスリムになっても
   からだが冷えたり、生理がこなくなったら、
   健康的なキレイじゃなくなりますね。
   
   食べ物には、「からだを温めるもの」と「からだを冷やすもの」があります。
   冷え症の人は、割と好んで野菜や果物を食べる傾向があります。
   「温野菜」や「秋・冬に取れる果物」を摂るようにしましょう。

G:からだを締め付けるファッションや下着をつける
   特に、「骨盤」をきつく締めると骨盤内の血行が悪くなり、
   生理痛がよりひどくなることがよくあります。
   なので、
   冷え症や生理痛のある人が、
   スタイルを気にしたり、痩せる目的で骨盤を閉めるのは、とても危険!  
   腰周り・下半身は、「ゆったり・温かく」。

H:クーラーの風がイヤ  
   クーラーにあたりたくない人は、
   元々「血(おけつ)」タイプといって、ドロドロ血タイプ。
   このタイプの人は、血行が悪いので冷え症になりやすいのです。
   逆に、「ほてり」のある人は、クーラー好きですが、
   「かくれ冷え症」タイプであることも少なくありません。
          (*「かくれ冷え症」:12月10日のブログ)
   
   この「血」タイプについてのかなり詳しい対策が、
   〔ブログ・カテゴリー:「ダイエット」(32)~(35)〕に載っています。
   ぜひ、そちらもご覧になってみてください。







   
スポンサーサイト
  1. 冷え症
  2. [ edit ]

「冷え症」は、体質、食生活、職業、性格、環境と深い関わりのある症状です。

ふだんの生活習慣の中にある「冷え症」の原因をチェックしてみましょう!

【こういう人が冷えやすい!(その1)】

A:1年中シャワー 
           夏でもシャワーの人は、特に要注意!!
           逆子で来院された人の約90%以上が、シャワーのみでした。
           不妊の方にも多い傾向があります。
           短い時間でも湯船に入る。

B:ストレスが強い・多くて、
  イライラしやすい・クヨクヨしやすい[気滞(きたい)・血(おけつ)]
         
           気の巡りが悪くなると血の巡りも悪くなる。
           いわゆる「ドロドロ血」タイプ
            
           自律神経が過敏になり、抵抗力も低下。
           体は、冷えやすかったり、のぼせたり。
           ストレス発散法を探そう。 

C:タバコを吸う   
           タバコを吸えば、血管が収縮するので、血流が悪くなる。
           止められなければ、本数を減らそう。

D:甘いもの好き・塩分、味付け濃いもの好き 
           1gの糖分に対して15gの水分を摂るといわれています。
           「お茶菓子」なんて言いますが、「甘いもの」+「水分」のセットになるので、
           案外、甘いもの食べるときは、水分の摂り過ぎになりがち。
           水分が多い体は、当然冷えやすい。
           塩分も摂り過ぎると、むくみますね。

E:なにげなく冷えたところに坐る
           暑い夏に冷たい石の階段に坐ったり、
           木のフローリングだから、と軽くみて
           冷たいところに坐る人がいます。

           女性が、腰臀部(腰・お尻)を冷やすのは、絶対にダメ!
           それが元で婦人科の病気や症状、不妊に繋がることさえあるのです。

           もし、坐る必要があるときは、
           腰が冷えないように防ぐ物を必ず敷くようにしましょう!

           ≪続く≫   
  1. 冷え症
  2. [ edit ]

「かくれ冷え症」!?

一見すると手足も体もポカポカしているように感じ、
本人は冷え症だと思っていないのですが、
実は冷えている、というのが「かくれ冷え症」です。

こういう人の体温を計ると、
体の表面の体温は、温かいけど、
深部体温計で内臓の温度を測ると低いのです。

冬でも素足が気持ち良い人は、要注意!

「かくれ冷え症」タイプは、汗っかきや暑がり。
「ポカポカ」してるのは、きっと血の循環や代謝が良いんだ、
と勘違いしていることが多いのです。

【「かくれ冷え症」タイプの症状】

体の表面に血流が集中しているため、
表面だけが温かく、深部の内臓の血流が悪くて冷えていますので、
胃腸のトラブル、肌のかゆみ、ニキビ、肌荒れなども起こりやすくなります。


「かくれ冷え症」をなおして、
元気でキレイな肌を取り戻しましょう!



≪男性の「冷え症」≫

近年、男性の「冷え症」も取り上げられるようになりました。
下半身の血行が悪くなるので、
足腰の筋力低下、尿切れが悪くなる、
男性の更年期症状、前立腺肥大などといった、
「冷え症」による症状が増えてきています。


  1. 冷え症
  2. [ edit ]

「冷え症」は、冷えてつらいということだけじゃない。
“元気とキレイ”の大敵!なのです。


あなたの抱えている病気や不調は、
「冷え」が原因かもしれません。


「冷え」の自覚症状はなくても、
冷えている人がとても多いのです。

チェックしてみてください。

【体の症状・不調】
A:頭痛、肩こり、腰痛
B:のぼせ、ほてる、汗っかき
C:めまい、立ちくらみ、耳鳴り
D:背中が冷える、腰の冷え、手足が冷たい、足が重い
E:胃の痛み、食欲不振、胸やけ
F:下痢、便秘、水様便、腹が張る
G:全身の疲れ、だるさ、気力がない

【婦人科の病気、症状】
A:生理痛、生理不順
B:子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫
C:不妊、逆子
D:更年期症状
E:水様の多量のオリモノ
F:基礎体温が低い

【メンタル面での症状】
A:イライラ
B:不安
C:クヨクヨ
D:気分の落ち込み、憂うつ
F:うつ状態

【その他の症状】
A:不眠
B:風邪をひきやすい
C:寒がり
D:少し運動すると手足が冷たくなる

【美容面での症状】
A:肥満、痩せにくい
B:むくみ
C:肌がカサカサ
等など。

いかがでしたか?

「冷え症」については、
今年10月22日「の冷え症」(1)以来です。
これから少し連載していこうと思っています。














  1. 冷え症
  2. [ edit ]

女性の場合、

脚(足)が冷えると 婦人科系を中心に痛みなど
さまざまな症状になることがとても多いです。
例えば、
冷えによる女性特有症状は、
生理痛、腰痛、頭痛、めまい、卵巣機能の低下といった
からだの面だけでなく、
イライラ、気分の落ち込み等、
メンタル面での影響も大きいものです。

【からだを整えるポイント】
⇒「足指3・4間を広げよう」

足指の3番目と4番目の骨の間が狭くなっている人は、
足(脚)が冷えるのです。

なので、
この骨の間を甲の方まで
手の指を使って「開いていきます」。

骨盤とからだに弾力を取り戻しましょう!


元気にすごす・丈夫になるために

















  1. 冷え症
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

坂梨友春

Author:坂梨友春
ようこそお越しいただきありがとうございます。

クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』を行っている治療家の坂梨友春(さかなし ともはる)です。

りんバランシングとは、「人が本来持っている心身のバランスを回復する」という意味です。

〔保有資格〕(取得年・月)
鍼師、灸師(1996.3)
指圧・あん摩・マッサージ師(1996.3)
リバランシングプラクティショナー(1992.4)
テルミー療術師(1992.8)
アロマテラピーコース(1993.3ジャパン・ハーブスクール)

〔臨床歴〕
24年

〔著書〕
『ダンス上達のための身体作り講座』1&2(白夜書房)
ダンスドクターとして指導、講習会、雑誌への執筆も行っています。

私は、「潜在する裡(うち)の力を自覚し、それを発揮して、人が本来持っている心身のバランスを回復する」。
そして、「溌剌と生活し、快く食べ、ぐっすり眠り、心を煩わせずに悠々と生きる」ための心身の整え方を伝えたいと思っている治療家です。

南インドのプネーにある和尚コミューン・インターナショナルに6ヶ月間留学し、ボディ・セラピー『リバランシング』のベーシック&アドバンスコースを800時間受けました。
帰国後、1992年新宿にて開院。1996年恵比寿へ移転。

現在、東京恵比寿(代官山)のプレムクリニックにて、
クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』、整体カウンセリング、
そしてセルフ整体法の指導等を行っています。
プレムクリニック院長 (株式会社)全生 代表取締役

小学校の頃から兄の病気をきっかけに滝行、般若心経を唱える行へ度々参加しました。
12歳で偶然第3の眼が開く。
13歳で「気」の治療法を学び、治療を始めました。

「気」の診断法により心身の不調・悪い処の状態が分かるようになり、その異常な処をたどると原因もみえます。
その特殊な手の感覚と診断力を基に「気」の治療を行っています。

オフィシャルHP:http://www.prem-c.com
フェイスブック:http://www.facebook.com/premclinic
フィリ紹介ページ:http://www.fili.co.jp/group21

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。