東京ー恵比寿・代官山 リバランシング・プラクティショナースクールのプレムクリニック 本来の心身のバランスを回復する統合ボディ・セラピー『リバランシング』

「女性の健康、妊娠・出産、美容」専門の統合ボディ・セラピー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

女性にとって

妊娠する時の1番の条件って

「ゆるむ」

だよ。







スポンサーサイト
テーマ : 健康で元気に暮らすために    ジャンル : 心と身体
  1. マタニティ
  2. [ edit ]

去年の秋、40歳で初めて出産された女性が、
出産後約2ヶ月半ぶりに来られました。

子宮筋腫が、子宮口近くにありましたので、
心配されていましたが、自然分娩で母子共に無事でした、
との事でした。

出産後約2ヶ月程で
体重は、出産前とほぼ同じ位に戻ったとのことでした。
また、
妊娠線も無く、
「良かったです」とおっしゃっていました。

骨盤を見ますと、
やや右が開いていましたが、左右共に元の位置に閉まっていました。
骨盤が閉まらないと産後に体重が元に戻らなかったり、
逆に増えてしまうこともよくあります。

妊娠線についてですが、
基本的に急激にカラダが大きくなると肉割れ」が出来ます。
この「肉割れ」が妊婦さんの場合、
妊娠線となるのです。
短期間で太ったり、筋肉が大きくなっても同じように線があらわれます。

私の20代での経験ですが、
数年間ウェイトトレーニングを1日3時間、週に4・5日のペースで
内容もややハードにやっていました。
ある時、気がつくと私の腕の力こぶに
この「肉割れ」の線がいくつか出来ていました。
急激に筋肉が大きくなったためです。
当時の腕回り(力こぶ)は、約40センチでした。

今回、妊娠線が出来なかった理由として、
妊娠中の体重の増加が順調で
急に体重が増えたりしなかったこと。
胎内のお子さんも順調に大きくなっていったからだと思われます。

いつも
整体の後は、お腹が撞きたてのお餅のように丸くふっくらと弾力がでます。
また、
骨盤周りに弾力を持たせたり、浮腫まないように整体しました。
「開閉型」でしたので、特に腰椎5番へ整体も行いました。

今回のことから、
妊娠・出産だけでなく、
産後のカラダの健康と美容の面でも
お役に立てるのではないかと思いました。












テーマ : 健康で元気に暮らすために    ジャンル : 心と身体
  1. マタニティ
  2. [ edit ]

昨日 ここへ来院されていたKさん(41歳)から
「無事に産まれました」とのメールが届きました。

赤ちゃんは、2767gの女の子です。

写真付きで 横顔がとても可愛らしい赤ちゃんでした。

Kさんは、去年の秋頃来院され、
これから結婚するんですが、
年齢が高いので赤ちゃんが出来るように今からカラダを整えていきたい、
とのことでした。

結婚されて今年の春には
「3ヶ月になりました!」とのご報告がありました。

続けて
リバランシング療法を受けたいとのことでした。
妊娠中の食事や腹帯のこと等についての指導も行いました。
結果、
Kさんには腰痛やひどいむくみなどの症状も無く
とても順調でした。

メールには
「娘の産まれる力が大きかった」
とありました。

母子共に無事で良かったです(^^)











テーマ : 健康で元気に暮らすために    ジャンル : 心と身体
  1. マタニティ
  2. [ edit ]

年に2~4名くらいですが、
逆子を治して欲しい、ということで来院されます。

来られた妊婦さんのお腹には、同じ傾向が診られます。
それは、
ほとんどの妊婦さんの下腹部(お臍から恥骨の間)が、冷えていることです。
足の冷えも診られます。

問診してみますと、
ほとんどの妊婦さんが、「お風呂はシャワーだけです」と答えられます。
湯船に入る習慣が無いんです。

赤ちゃんも気持ちいい場所へ自然と向かい、
気持ちよくない場所を避けるのだと思います。
冷たいところへは、行きたくないんじゃないでしょうか?
例えば、
子宮は、赤ちゃんにとって気持ちのいい快適なベッドのようなもの。
誰でも冷た~いベッドには入りたくないですよね。

なので、
逆子を治すと言うよりも、
元の位置に戻ってもらえるようにすることが大事なんです。
赤ちゃんは、悪くないんです。
私は、赤ちゃんに元の位置に戻ってもらうためにお灸とこうした生活習慣の指導を行っています。

お灸で、
子宮を温め、
赤ちゃんに「逆だよ~^^。気づいてね~^^」とサインをおくります。
お灸のツボは、基本的に至陰(足の小指の先)と三陰交(内くるぶしから4横指上)を使います。
点灸(てんきゅう)と言いまして、
もぐさを米粒の半分位に軽くひねって円錐形にします。
お灸をした後のおなかは、緊張が取れ、
まあるくなってふかふかした感じになりますよ。
赤ちゃんが、反対向きだったのは、
冷たかっただけじゃなく、狭かったんだと思いますね。

だいたい4人に3人くらいの赤ちゃんは、頭の向きを変え、
お母さんは、おなかを切らずに済んでいます。















テーマ : 鍼灸    ジャンル : 心と身体
  1. マタニティ
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

坂梨友春

Author:坂梨友春
ようこそお越しいただきありがとうございます。

クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』を行っている治療家の坂梨友春(さかなし ともはる)です。

りんバランシングとは、「人が本来持っている心身のバランスを回復する」という意味です。

〔保有資格〕(取得年・月)
鍼師、灸師(1996.3)
指圧・あん摩・マッサージ師(1996.3)
リバランシングプラクティショナー(1992.4)
テルミー療術師(1992.8)
アロマテラピーコース(1993.3ジャパン・ハーブスクール)

〔臨床歴〕
24年

〔著書〕
『ダンス上達のための身体作り講座』1&2(白夜書房)
ダンスドクターとして指導、講習会、雑誌への執筆も行っています。

私は、「潜在する裡(うち)の力を自覚し、それを発揮して、人が本来持っている心身のバランスを回復する」。
そして、「溌剌と生活し、快く食べ、ぐっすり眠り、心を煩わせずに悠々と生きる」ための心身の整え方を伝えたいと思っている治療家です。

南インドのプネーにある和尚コミューン・インターナショナルに6ヶ月間留学し、ボディ・セラピー『リバランシング』のベーシック&アドバンスコースを800時間受けました。
帰国後、1992年新宿にて開院。1996年恵比寿へ移転。

現在、東京恵比寿(代官山)のプレムクリニックにて、
クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』、整体カウンセリング、
そしてセルフ整体法の指導等を行っています。
プレムクリニック院長 (株式会社)全生 代表取締役

小学校の頃から兄の病気をきっかけに滝行、般若心経を唱える行へ度々参加しました。
12歳で偶然第3の眼が開く。
13歳で「気」の治療法を学び、治療を始めました。

「気」の診断法により心身の不調・悪い処の状態が分かるようになり、その異常な処をたどると原因もみえます。
その特殊な手の感覚と診断力を基に「気」の治療を行っています。

オフィシャルHP:http://www.prem-c.com
フェイスブック:http://www.facebook.com/premclinic
フィリ紹介ページ:http://www.fili.co.jp/group21

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。