東京ー恵比寿・代官山 リバランシング・プラクティショナースクールのプレムクリニック 本来の心身のバランスを回復する統合ボディ・セラピー『リバランシング』

「女性の健康、妊娠・出産、美容」専門の統合ボディ・セラピー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

子宮、卵巣といった骨盤内臓(膀胱、直腸など)は、
骨盤の内に入って保護されています。

ということからも、
骨盤と女性特有の病気や症状とは切り離せません。

また、
ここにはお肌に効く急処があります。

骨盤の正面、「恥骨」の上縁を操作しますと、
ニキビやソバカスだけでなく、皮膚病一切に効きます。

水虫で困っているという方が少なくないのですが、
みなさんよくなります。
スポンサーサイト
  1. 美容と健康
  2. [ edit ]

久しぶりに「歯間ブラシ」を使ったら、
後がキモチ良い~^^

口臭にも効果ありますね。

仕事、ダンスの前にもやろう。


  1. 美容と健康
  2. [ edit ]

今日は、12月1日(月)。

今年の年賀状を読み直してみました。

(年賀状より)
謹賀新年

行く年めでたし 来る年めでたし

いつまでも若々しく、健康に生きるには

余分なモノを捨てよう。
余分な栄養、余分な眠り。カラダのことだけでなく、
執着や生活に於ける余分なモノ。
鬱滞は、心身不調の元。

愉快に行きぬこう。
健康に生きる為、
『愉快』『ワクワク』『ウキウキ』ほど大切なものはない。
自分の愉快を大切にする人は、他人の愉快も大切にしよう。

新しいことを考え、創ることは、快い。
できるようになったら、やろうと思わず。
まず、やる。そうすればできるようになる。

息静かに
大股にゆっくりと、いそがず、悠々と・・。
日に三度、愉快、ワクワク、ウキウキする空想に浸ること。

頭 寒、  足 熱、  腹八分(別腹含ム)。

拘わらず  怠けず  欲張らず
気取らず  惑わず  慎みて

プレムクリニック 坂梨友春


  1. 美容と健康
  2. [ edit ]

先日、
『スタイルが良くなる』『身体の不調を解消する』坐り方
への反響がたくさんありました。

前回は、坐骨を立てることを説明しました。
骨盤を立てることから「正しく坐る」、でした。
しかし、
せっかく正しく骨盤を立てても
デスクワーク中に首だけ前に出ている人もあります。

そこで、この続編では、
『正しい姿勢』とそうでない場合とを比較し、
首、背それぞれへの負担や影響がどれだけあるか、
説明していきます。

【骨盤の向きによって変わる姿勢】

1.骨盤を立てると、「正しい姿勢」に。
2.骨盤が前傾すると、腰が丸まって、「猫背」になり、
3.骨盤が後傾すると、腰が反って、「反り返り」になります。

【姿勢による腰の負担はこんなにあった!】

腰椎の椎間板(ついかんばん)にかかる負担が、
「正しい姿勢」:「猫背」=1:2.1
つまり、
軽い猫背でも 腰に「2.1倍」も負担がかかるのです。

これが、腰痛の原因になったり、
背骨の椎間板に負担をかけると、そこを通る神経を圧迫して
内臓の働きやホルモンバランスにも影響します。

また、
反った姿勢になると、
子宮、卵巣、腸等が、本来の骨盤内にきちんと収まらず
下腹部がポッコリ前に出て、
スタイルも良くないですね。

【ほんの少しの首の角度でこんなに違う!?】

デスクワークでパソコン画面に集中してるうちに
気がつくと首が前のめりになってた ということ、
ありませんか?

首を前傾したとき、首の筋肉の血流量の比較すると、
「正しい姿勢」:「10°前傾」:「20°前傾」
    1    :  0.7   :  0.4


要するに
20°の前傾では、
首の筋肉の血流量が約60%も少なくなる。

当然、これは、
首や肩のコリの大きな原因になりますし、
他にも
頭痛、吐き気、眼精疲労、歯痛などもおこりやすくなります。


(*資料:「NHK生活ほっとモーニング」より)








  1. 美容と健康
  2. [ edit ]

「姿勢」で、スタイルが良くなる?
それは、
「姿勢」によって、脂肪の付き方が変わる。
「姿勢」によって、筋肉・骨格、内臓までもバランスが変わる。
からなんです。

【悪い姿勢は 身体に悪影響!】
日本人の約3人に1人は、姿勢が悪いと言われています。
悪い姿勢のままでいると
身体(心体)にさまざまな不調が現れます。
腰痛や頭痛、肩こりをはじめ、
眼や膝の痛み、喘息の原因になるうえ、
ひどくなると、内臓疾患、婦人科系の症状、
睡眠障害やうつ等など、
カラダだけでなくココロの病気や症状までもひき起こしてしまうのです。

【原因はそこにあった!?】
その原因の一つが、
悪い姿勢での「坐り方」なのです。

椅子に座った時、
膝、腰の角度をチェックしてみてください。
この角度が、直角又は、膝の位置が腰より高いと
骨盤が、前傾しますので、
腰から丸くなって猫背になってしまういます。

ポイントは、
【膝の位置が腰より低くなること】

坐った時、
膝の位置が、腰より少し低くなるように坐ると、
坐骨が座面に対して垂直になります。
仙骨を含め骨盤が立つので、背骨が伸びます。
つまり、
「坐骨」で坐り、骨盤が立った状態です。
そうしますと、背骨がスーッと伸びる。
自然に腰~背中~首まで伸びていく感じになります。

(*坐骨:お尻の下の2つの尖った部分)

もし椅子と机の高さを調整出来ない場合には、
膝の高さを腰より低くするために
(机の下で)片方の脚を少し投げ出します。
そうすれば、当然膝の位置が腰より低くなりますから、
同様に骨盤を立てられます。

バランスのよい姿勢をカラダに覚えさせるには、
骨盤を立てることを分かるために「坐り方」から
入った方がいいのです。

坐骨で坐る(骨盤が立つ)と背骨が伸び、
腰が安定します。
すると、
お腹周り、脇、背中もスッと伸びてきます。

こうして、
カラダのシルエットもキレイになっていくわけです。

カラダの余分な力が抜けてカラダが楽になります。

バランスのよい姿勢になると気持ちも明るく軽くなってきます。



















  1. 美容と健康
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

 

プロフィール

坂梨友春

Author:坂梨友春
ようこそお越しいただきありがとうございます。

クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』を行っている治療家の坂梨友春(さかなし ともはる)です。

りんバランシングとは、「人が本来持っている心身のバランスを回復する」という意味です。

〔保有資格〕(取得年・月)
鍼師、灸師(1996.3)
指圧・あん摩・マッサージ師(1996.3)
リバランシングプラクティショナー(1992.4)
テルミー療術師(1992.8)
アロマテラピーコース(1993.3ジャパン・ハーブスクール)

〔臨床歴〕
24年

〔著書〕
『ダンス上達のための身体作り講座』1&2(白夜書房)
ダンスドクターとして指導、講習会、雑誌への執筆も行っています。

私は、「潜在する裡(うち)の力を自覚し、それを発揮して、人が本来持っている心身のバランスを回復する」。
そして、「溌剌と生活し、快く食べ、ぐっすり眠り、心を煩わせずに悠々と生きる」ための心身の整え方を伝えたいと思っている治療家です。

南インドのプネーにある和尚コミューン・インターナショナルに6ヶ月間留学し、ボディ・セラピー『リバランシング』のベーシック&アドバンスコースを800時間受けました。
帰国後、1992年新宿にて開院。1996年恵比寿へ移転。

現在、東京恵比寿(代官山)のプレムクリニックにて、
クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』、整体カウンセリング、
そしてセルフ整体法の指導等を行っています。
プレムクリニック院長 (株式会社)全生 代表取締役

小学校の頃から兄の病気をきっかけに滝行、般若心経を唱える行へ度々参加しました。
12歳で偶然第3の眼が開く。
13歳で「気」の治療法を学び、治療を始めました。

「気」の診断法により心身の不調・悪い処の状態が分かるようになり、その異常な処をたどると原因もみえます。
その特殊な手の感覚と診断力を基に「気」の治療を行っています。

オフィシャルHP:http://www.prem-c.com
フェイスブック:http://www.facebook.com/premclinic
フィリ紹介ページ:http://www.fili.co.jp/group21

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。