東京ー恵比寿・代官山 リバランシング・プラクティショナースクールのプレムクリニック 本来の心身のバランスを回復する統合ボディ・セラピー『リバランシング』

「女性の健康、妊娠・出産、美容」専門の統合ボディ・セラピー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

頭痛は、とても不快な症状のひとつです。

頭痛は、さまざまな原因によって起きます。
痛みの場所や症状もいろいろです。

中には要注意の頭痛もあります。
例えば、
・クモ膜下出血⇒急に頭を殴られたような激しい頭痛です。
・脳腫瘍⇒初めは頭痛、めまいなどごくありふれた症状から始まって、
 ゆっくりと症状が進行してくるので厄介です。

頭痛を東洋医学から分類しますと、
①湿痰頭痛→体質的に水分の多いご婦人に多い。雨の時に悪化しやすい。
      頭をタオルで縛りつけるような重苦しい痛み。
②肝陽頭痛→性格的に気ぜわしいひと。
      イライラして落ち着きが無く怒りっぽいひと。
      現代社会ではこのタイプの頭痛が多い。
③気血両虚→元来胃腸が弱く元気のないひと。
      左右にふらつくめまい、動悸。
④お血頭痛→女性に多い。生理時に起こる頭痛はこの典型。
      痛みが長引き、治りにくい。
      痛みの場所が決まっていて、チクチクと針で刺すような痛み。
⑤腎虚頭痛→高齢者に多い。頭が重く上がらない。


よく見られる頭痛のセルフケアとして、
②と④についてそれぞれツボを説明しますね。
ただ、
この場合、実際に頭痛になってからではなくて、
頭痛になる前の予防として、普段から圧してくださいね。

②の頭痛では、
「合谷(ごうこく)」というツボです。
場所は、手の親指と人差し指の間(水掻きの奥)でやや人差し指側。
ここは、眼疾患、血圧亢進、便秘でも使うことがあります。

④の頭痛でのおすすめのツボは、
「三陰交(さんいんこう)」です。
ご存知の方も多いのでは?
足の内くるぶしから手の指4本分くらい骨沿いに上がります。
骨際です。
圧すだけでなく、冷えないようにしておくことが大事です。
女性の必須穴です!!


少し、長くなりましたが、
最後にメンタル面からみた頭痛の原因について考えてみましょう。

「頭痛」は、
恐れや自己批判、自分を卑下することからも生じる、
と言われています。
「自分なんて、どうせ・・」いう気持ちですね。


また、
「偏頭痛」は、完全主義者に多く、
自分自身にかなりのプレッシャーをかけている。
抑圧された憤りを持っている。
コントロールされるのを好まない。
など‥です。

頭痛からどんなメッセージを聴くことができるでしょうか?

それでは、
これから頭痛から開放されるために
身体からのメッセージを聴いて新しい考え方をしていきませんか^^。
例えば、
―「やりきったら、後は人生の成り行きに身をまかせてみよう」
―「自分を慈しみ受け入れよう」
―「私は守られている」

自分自身を愛情のこもった目でみませんか^^。


      

スポンサーサイト
テーマ : 心と身体    ジャンル : 心と身体
  1. 身体からのメッセージ-頭痛
  2. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

坂梨友春

Author:坂梨友春
ようこそお越しいただきありがとうございます。

クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』を行っている治療家の坂梨友春(さかなし ともはる)です。

りんバランシングとは、「人が本来持っている心身のバランスを回復する」という意味です。

〔保有資格〕(取得年・月)
鍼師、灸師(1996.3)
指圧・あん摩・マッサージ師(1996.3)
リバランシングプラクティショナー(1992.4)
テルミー療術師(1992.8)
アロマテラピーコース(1993.3ジャパン・ハーブスクール)

〔臨床歴〕
24年

〔著書〕
『ダンス上達のための身体作り講座』1&2(白夜書房)
ダンスドクターとして指導、講習会、雑誌への執筆も行っています。

私は、「潜在する裡(うち)の力を自覚し、それを発揮して、人が本来持っている心身のバランスを回復する」。
そして、「溌剌と生活し、快く食べ、ぐっすり眠り、心を煩わせずに悠々と生きる」ための心身の整え方を伝えたいと思っている治療家です。

南インドのプネーにある和尚コミューン・インターナショナルに6ヶ月間留学し、ボディ・セラピー『リバランシング』のベーシック&アドバンスコースを800時間受けました。
帰国後、1992年新宿にて開院。1996年恵比寿へ移転。

現在、東京恵比寿(代官山)のプレムクリニックにて、
クリニカルボディ・セラピー『リバランシング』、整体カウンセリング、
そしてセルフ整体法の指導等を行っています。
プレムクリニック院長 (株式会社)全生 代表取締役

小学校の頃から兄の病気をきっかけに滝行、般若心経を唱える行へ度々参加しました。
12歳で偶然第3の眼が開く。
13歳で「気」の治療法を学び、治療を始めました。

「気」の診断法により心身の不調・悪い処の状態が分かるようになり、その異常な処をたどると原因もみえます。
その特殊な手の感覚と診断力を基に「気」の治療を行っています。

オフィシャルHP:http://www.prem-c.com
フェイスブック:http://www.facebook.com/premclinic
フィリ紹介ページ:http://www.fili.co.jp/group21

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。